実感!見学デイのお知らせ【坂幼インフォメーション】

平成30年度新入園のお子様を対象にした

今年度最初の幼稚園見学会「実感!見学デイ」を行います。

参加ご希望の方はお電話にて幼稚園までお申し込み下さい。

受付順で10組程度を予定しています。

今回はお問い合わせをいただいた方等一般の方対象となります。

在卒園ご弟妹の方用の見学デイは今後ご案内してまいります。

なお、今後の「実感!見学デイ」は・・・

9/6(水)、9/14(木)、9/21(木)、9/28(木)10/5(木)、10/19(木)を、

そして10/21(土)にオープン説明会を予定しています。

今後ご案内してまいりますので

対象のお子様はもうしばらくお待ち下さいますようお願いいたします。

また、見学デイやオープン説明会のご案内、幼稚園の資料などご希望の方は

坂戸幼稚園HP「ご入園について」内の専用フォームまたはお電話にてご遠慮なくお問い合わせ下さい。049−281−0038

 

 

 

坂戸幼稚園ニュース | 20:13 | comments(0)

2歳児プレ親子プログラム“双葉会”のご案内です【坂幼インフォメーション】

今回は『♪笹の葉さ〜らさら♪七夕アイデア飾りを作るよ』です。

作った七夕飾りは笹に飾ってね。その笹は・・・本物!

先生方が前日に竹藪から切り出してきたものを持ち帰りますよ。

今年の七夕様のお天気は?晴れるといいなっ。

皆様のご入会お待ちしています!!

坂戸幼稚園ニュース | 20:00 | comments(0)

6/17(土)園庭開放SKPスペシャル【坂幼インフォメーション】

今回の園庭開放SKPはとてもスペシャルですよ!

双葉会でおなじみのJin先生によるSKP版親子体操をしますよ!

楽しいこと間違いなし!みんな遊びに来てね!!

坂戸幼稚園ニュース | 13:02 | comments(0)

6/10(土)園庭開放SKP【坂幼インフォメーション】

 

今週末は園庭開放SKPです。

みんなでどろんこになって遊んじゃおう!

遊びに来てね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

坂戸幼稚園ニュース | 19:06 | comments(0)

園長だより H296月

【繰り返しの中で】

天気も気温も忙しく過ぎた5月。水色の制服と麦わら帽子への衣替えも済んで、夏が一歩ずつ近づいてきました。

 

入園から2ヶ月が経った年少組の子どもたちも、生活の流れを覚えて「〇〇の次はこれ!」「その次は〇〇するの」とゆとりを持って生活をし始めているのを感じます。自分なりに見通しを持てるということや「知っている」ということは、子どもたちが安心して過ごし、主体的に活動をするためにとても大切です。

 

どもたちはよく「昨日の続きをしよう」「今日も〇〇したい」「この本、もう一回読んで」と言います。同じこと(もの)ばかりでつまらなくないのかしら?飽きてしまわないのかな?と思うこともありますが、きっと子どもたちは違うのでしょう。

 

もちろん一度行って「楽しかったから」というのもあるでしょう。けれど、それ以上に、子どもたちは繰り返し(知っている、見通しが持てている)だからこそ、楽しさを広げているのではないかとよく思います。

 

絵本の中にも繰り返しが多く見られます。例えば「桃太郎」からきび団子をもらうイヌとサルとキジのシーン。「どうぞのいす」の動物たちの行動。「三匹のヤギのガラガラドン」「三匹の子ブタ」等々。繰り返しの中でお話が展開される物語は数多くありますね。

 

そうしたことも「知っている」から「なんとなく予想がつく(見通し)」からという理由があるのでしょう。

 

そして子どもたちは、繰り返しの中で決して同じことを体験しているわけではありません。安心感の上で、更に思考をめぐらし、深め、試してみたり、ちょっとした挑戦を重ねながら世界を広げているのだと思います。

 

【まず、やってみるということ】

「5月の連休には家に帰るからね」と娘から連絡があり、せっかくなので秩父に旅行に行くことにしました。目的地を秩父にしたのには理由があり、4月にマーティン先生の結婚式(とても素敵でした。観光客に見守られての秩父神社での婚礼も思い出深いものになりました)に招かれていたことと、毎年のお泊り保育で行っている秩父に、いつか家族旅行をと思っていたからです。

 

2泊3日の旅行の中で、何が出来るのかなとあれこれ考え、羊山公園に芝桜を見に行くことと長瀞でのラフティングを計画しました。芝桜見学はともかくとして、約20年前に一度だけ体験したラフティングはどうなることかと当日までドキドキしましたが、同時に楽しみでもありました。

 

思っていた以上に沢山の方が参加されており、ウェットスーツとライフジャケットとヘルメット姿に着替え、移動のバス内での諸注意を受けた後、5隻のボートに分かれて乗船しました。

1隻のボートには約7〜8人の参加者とガイドさんが乗り、私たちは3名の20代後半の男性の方とご一緒でした。ガイドさんのスキルは相当なも

ので、途中何度かの急流に歓声を上げながらも安心して川下りを楽しみました。人が踏み込んでいない自然のなんと美しいことか。ため息が出るばかです。

 

ガイドさんが途中流れの穏やかな箇所で「川の中に入ってみますか」と提案されたので「ハイ!」と水の中に入ることにしました。足は届きませんでしたがライフジャケットを着ていたのでしっかり体は浮きました。

 

と横を見ると、ご一緒した男性のひとりがゴムボートのへりにしがみついています。隣にいた男性が「オマエ、もしかして泳げないの?」と尋ね、その方が小さくうなづいていました。私は「私がハイと言ってしまったから」という思いの中で、「大丈夫ですよ。ジャケットを着ているから、ほら、しっかり浮きます」と言い、手を差し出しました。男性はすぐに私の手を取りボートから離れました。

 

後になり、あの男性は・・・「きっと友だちにも泳げないことを言えないままラフティングに参加したのだろうな」「川に入る前まで(泳げないだけに)どんなに怖かっただろうな」と様々に思いをめぐらしました。「でもきっと、やってみて良かったと思っているだろうな」と勝手に思っています。

 

人は子どもたちによく「やってみなければわからない」「挑戦してみなよ」といった類のことを言います。そうした時の気持ちを私は20年ぶりの自分の体験とご一緒した男性の出来事から考えていました。

 

勇気を出すことも初めての体験にチャレンジすることも、とても大変なことなのですよね。そうした気持ちを思い出すためにも、大人も時々「まず、やってみる」体験が必要なのかもしれませんね。

 

園長 浅見 美智子

園長だより | 17:46 | comments(0)
  

ブログ内を検索

坂戸幼稚園公式サイト

坂戸幼稚園公式サイト

http://sakado-youchien.ed.jp

学校法人坂戸幼稚園
〒350-0225
埼玉県坂戸市日の出町12-4
TEL:049-281-0038

カテゴリー

カレンダー

<<  2017年06月  >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

最近のエントリー

最近のコメント

サッカーパパについて

サッカーパパは、埼玉県坂戸市の坂戸幼稚園の事務長さんです。こどもたちとサッカーをするのが大好きなので、皆から「サッカーパパ」とか「サッカー先生」とか「ひげ先生」と呼ばれています。
サッカーでは、JFA(日本サッカー協会)キッズリーダー養成インストラクターでC級コーチです。FA(イングランドサッカー協会)のレベル1ライセンスも取得しています。坂戸幼稚園のサッカークラブでいつも元気にコーチをしています。

by だんごろう

だんごろう??

「だんごろう」は、坂戸幼稚園のみんなが大好きな「だんごむし」です。当園のマスコットキャラクターになっています。

バックナンバー