<< 7/14園庭開放SKP プール開放だよ!【坂幼インフォメーション】 | メイン |

園長だより H30年7月

 

またまたアップが遅くなってしまいました(というよりは忘れていました・・・)。申し訳ございません。もうじきのびのびつうしん8月号が出ますが、7月号の園長だよりです。お読みいただければ嬉しく思います。

 

 

付加価値

 

日100円ショップに買い物に行きました。私はどの店舗という訳ではなく、100円ショップを訪れる度に圧倒されるとも感動するとも表現しきれない思いに駆られます。

 

それはたぶん、100円というコイン1枚でこんなにも沢山の生活に必要な物が買えるのかという驚きと、少ない「おこづかい」を持った幼い娘たちとここに来たかったなという思いがあるからなのでしょう。

 

「バトンクラブを作ったからね。あなたが指導しなさい」と母(前園長)に言われ、指導を始めたのは大学1年の時でした。毎年の運動会と学芸会を発表の場にして、文字通り試行錯誤しながら指導を続けてきました。

 

長い期間、ある意味で同一の条件(私、六歳になる子どもたち、一斉型の指導等)で指導を行ってくると見えてくるものがあります。

 

その年(時代)の子どもたちの様子、クラスや学年としての状況、一人ひとりの特性と課題、親御様のお子様への関わり方の違いやその影響等です。

 

子どもたちと私とで作るバトンクラブの一年は、どの時とも違います。それを解るようにしてくれたのは「時間」の持っている付加価値なのかもしれません。

 

とても嬉しい出来事がありました。さすがに36年ともなると、これまでにも2代目さん(親子で在園される方)と生活をする喜びをいただいてきました。今年は更に、お母様がバトンクラブに入っていたお子さんが2名いて、そのおふたりとも「お母さんのバトン」を使ってくれているのです。

 

初回の指導を終えた時、そのおひと方が私の元に来て「先生、うちの子のバトン短いですか?私が使っていた物なので。短いようでしたら買い替えます」とおっしゃいました。私はバトンの長さについて説明をし、是非このバトンを使って欲しいとお話ししました。

 

翌週、Mちゃんは私にバトンを見せながら「先生、見て。このバトンお母さんのなの。だから、K.Mって名前が書いてあるよ」と嬉しそうに教えてくれました。

 

ある時もうひと方のお母様に「K君のバトンはお母様の物なのですね」と話し掛けますと「うちの母は何でも取っておくので」と謙遜するようにお答え下さいました。思わず「ご自分が使っていたバトンをお子様に使わせるお母様も、それを取っておいて下さったおばあさまも本当にすてきです。すごいです」とお話ししました。

 

00円である程度の必要な物を買える時代を私たちは生きています。けれど、そうした物への対価だけで人は育っていくものではないように思います。与える人と与えられた人の思い。そして、その人だけの物に関わる思い出。

 

そういえば…この前この100円ショップに来たのは、留学するための生活用品をバタバタと次女と買いに来た時だったっけ…と思い出しました。付加価値は人の思いとともにあるようです。

 

園長 浅見 美智子

園長だより | 20:26 | comments(0)
コメント
コメントしてください





 ※入力されるとお名前にリンクされます。



  

ブログ内を検索

坂戸幼稚園公式サイト

坂戸幼稚園公式サイト

http://sakado-youchien.ed.jp

学校法人坂戸幼稚園
〒350-0225
埼玉県坂戸市日の出町12-4
TEL:049-281-0038

カテゴリー

カレンダー

<<  2018年07月  >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

最近のエントリー

最近のコメント

サッカーパパについて

サッカーパパは、埼玉県坂戸市の坂戸幼稚園の事務長さんです。こどもたちとサッカーをするのが大好きなので、皆から「サッカーパパ」とか「サッカー先生」とか「ひげ先生」と呼ばれています。
サッカーでは、JFA(日本サッカー協会)キッズリーダー養成インストラクターでC級コーチです。FA(イングランドサッカー協会)のレベル1ライセンスも取得しています。坂戸幼稚園のサッカークラブでいつも元気にコーチをしています。

by だんごろう

だんごろう??

「だんごろう」は、坂戸幼稚園のみんなが大好きな「だんごむし」です。当園のマスコットキャラクターになっています。

バックナンバー